アズマ工業 120年の歴史を持つ
お掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

SQ083ゴシゴシ拭ける両面モップSPG(スペアのみ・本体別売り)

ゴシゴシ拭ける両面モップ スペア

SQ083ゴシゴシ拭ける両面モップSPG(スペアのみ・本体別売り)

通常価格
710 円 (税込)
販売価格
568 円 (税込)
会員価格
568 円 (税込)
ポイント: 5 Pt
商品コード
402284000
JAN
4970190580568
FL426 ゴシゴシ拭ける両面モップL」「FL427 ゴシゴシ拭ける両面モップF」専用スペア。スペアのみ・本体は別売りです。フローリング・クッションフロア・Pタイル・畳の拭き掃除に。洗剤不要、水だけで汚れが落ちるマイクロファイバー製。
数量
配送サイズ
160cm以下
素材
モップ/ポリエステル・ナイロン
サイズ
約27×13cm
重量
約30g
原産国
中国
E表示
原料/-包材/-使用/E廃棄/-

※E表示とは環境に配慮したアズマ工業の自主表示です。
環境上悪影響のないと判断できるものにE、特定し改善したものにEを表示します。

客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

これは便利!商品の特長

SQ083ゴシゴシ拭ける両面モップSPG(スペアのみ・本体別売り)

スペア商品

FL426 ゴシゴシ拭ける両面モップL」「FL427 ゴシゴシ拭ける両面モップF」専用スペア。スペアのみ・本体は別売りです。

SQ083ゴシゴシ拭ける両面モップSPG(スペアのみ・本体別売り)

2種類のモップ

汚れをかきとる力に優れている「かきとるモップ( SQ083 ゴシゴシ拭ける両面モップSPG)」と吸水性に優れている「ふきとるモップ( SQ084 ゴシゴシ拭ける両面モップSPW)」2種類のモップをそれぞれ片面に。それぞれのマイクロファイバーモップが洗剤を使わず水だけで水拭きから仕上げ拭きまで一気に済ませることができます。モップは面ファスナーで簡単に着脱できます。

つかい方

・ヘッドを清掃面に押し当てて軽くしならせ、前後に押し引きしてお掃除してください。
・水拭きする際はモップをヘッドから外して水を含ませ、よく絞ってからヘッドに取り付けてください。
・かきとるモップ(緑)を絞る際は、緑の面を内側にして絞ってください。
※使い始めは若干色落ちするため、よく洗ってからご使用ください。
※水洗いする際は、色移りにご注意ください。
※洗濯をする際、水が白く濁りますが、品質に異常はありません。
※最初若干の遊び毛が落ちる事がありますが、品質に異常はありません。

モップの取り付け方法
・ヘッドの両面にモップを取り付けます。
・モップの取り付けは、面ファスナー式で簡単です。ヘッドの面ファスナーとモップの裏側がはり付く構造になっています。

1. モップ面を下にして置き、ヘッドの先端をモップふちの縫い目に合わせて置きます。
2. ヘッドを裏返し、[1]ではり付けたモップに合わせてはり付けます。
3. モップの上から面ファスナー部を指で押さえます。
※前後左右にずらすように押さえると、よりしっかり固定できます。
※ヘッドがモップからはみ出さないようご注意ください。
※モップを取り外す場合は、スミから剥がしてください。
※糸が抜ける原因となりますので、取り替えの際は糸が面ファスナーにあたらないようご注意ください。

お手入れ方法

・モップをヘッドから取り外し、水または中性洗剤で洗ってください。
・本体についた汚れは水または中性洗剤を含ませた柔らかい布で拭き取ってください。
※洗濯機で洗う場合は、糸に付着したホコリなどをあらかじめよく振り落とし、ネットに入れて洗ってください。
※他の物とは一緒に洗わないでください。
※ついた汚れによっては、洗い落とせないものもあります。
※洗濯後はよく乾燥させてからご使用ください。
※劣化・変質などの原因となるため、漂白剤・柔軟剤は使用しないでください。
※ベンジン・シンナーなどは変色・変形の原因となります。

開発にあたって

素足で歩いたり、汚れを引きずったり、床の汚れは案外しつこく、使い捨てシートでお掃除する場合、何枚もシートを付け替えなければなりません。雑巾でお掃除する場合も、いったん床をキレイにした後に、雑巾そのものを再度キレイにして仕上げ拭きをしなければならずめんどうでした。 そこで、両面にスペアモップを取り付けることができる新型モップを開発。異なるスペアモップをそれぞれはり付けることで汚れ具合で使い分けられ、モップ絞り器などの道具を使うことなく、気軽に水拭きから仕上げ拭きまで一気に済ませることができる仕様にしました。

ご注意

・用途以外には使用しないでください。
・硬いゴミが付着したまま使用すると清掃面に傷がつく恐れがあるため、硬いゴミは取り除いてからご使用ください。
・光沢のある塗装面など、強くこすり続けると光沢がなくなる恐れがあるので目立たない場所でご確認の上、ご使用ください。
・コンクリートなど、表面がザラザラしている場所への使用は、糸のほつれなどの原因となるのでお避けください。
・高温により変形するため、火気に近づけないでください。
・劣化・変色するため、直射日光の当たらない場所に保管してください。
・廃棄する際は各自治体の定める方法に従って処理してください。