アズマ工業 120年の歴史を持つ
お掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

N-BR209 化学モップミニX

ハンドタイプの科学モップ

N-BR209 化学モップミニX

通常価格
1,050 円 (税込)
販売価格
1,050 円 (税込)
会員価格
998 円 (税込)
ポイント: 9 Pt
商品コード
409011100
JAN
4970190332600
軽く拭くだけで汚れをキャッチ ! 家具やテーブル周りに使用できるサイズのハンド科学モップです。化学モップは、着塵剤と糸のヨリによってホコリを絡め取ります。家具・電気製品などのホコリ取りに使われています。繰り返し使えるので使用感、経済性を重視する方におすすめです。
数量
配送サイズ
160cm以下
正味量・内容量
素材・成分
素材 : 柄/ABS樹脂
モップ糸/ポリエステル・レーヨン・アクリル
液性
使用料の目安量
製品サイズ
単体サイズ
約21×34×6cm
パッケージ込サイズ
約16×35×6cm
モップ糸重量
その他詳細
サイズ : 全長約34cm
製品重量
単体重量
約100g
パッケージ込重量
約120g
原産国
中国
E表示
原料/- 包材/- 使用/- 廃棄/-

※E表示とは環境に配慮したアズマ工業の自主表示です。
環境上悪影響のないと判断できるものにE、特定し改善したものにEを表示します。

客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

これは便利!商品の特長

N-BR209 化学モップミニX

すべるようにお掃除

糸でホコリを絡め取る化学モップは、やさしく、すべるようにお掃除することができます。ホコリの吸着力を手軽に再生できるので、繰り返し使えて経済的です。

N-BR209 化学モップミニX

長持ち

糸のヨリが戻りにくいフィクシー糸(※)を使用しています。ホコリ取り性能が長続きします。モップ糸にはベトつかない良質な着塵剤を使用しています。
フィクシー(※)ヨリが戻りにくい加工

N-BR209 化学モップミニX

スペア

モップ糸が劣化した場合はスペアと交換することができます。「 化学モップミニXスペア SP231 」またはスペア番号23番の化学モップのスペアが共通で取り付けできます。

つかい方

着塵剤の効果がなくなってきた場合、または糸の汚れがひどくなった場合は、糸をキレイに洗浄した後、着塵剤を吹き付け、充分にみ込ませてから使用します。
※糸を再生するまでに手間がかかりますが、汚れたまま着塵剤を吹き付けると糸の目が詰まるため、着塵剤を充分にしみ込ませることができず、汚れ落ち性能が低下します。

お手入れ方法

1. モップ糸をもみ洗いし、よくすすぎます。
2. よく乾燥させてください。



3. 新聞紙などを敷いた上で別売りの着塵剤をスプレーしてください。
※床や家具などに直接スプレーしないでください。
4. ポリ袋に入れ、2〜3時間おき、充分にしみ込ませてからご使用ください。



※着塵剤に表示されている使用量を守り、換気の良い所でスプレーしてください。
※本体についた汚れは、中性洗剤を含ませたやわらかい布で拭き取ってください。

取り付け方法

モップ部の袋状になった部分に本体を差し込み、ゴムを本体の凸部にかけてください。
※替糸はスペア番号をお確かめの上お買い求めください。
※同じスペア番号であれば、色・材質に関係なく取り付けられます。

開発にあたって

化学モップは着塵剤と糸のヨリによってホコリを絡め取るので、このヨリ戻りが著しいと、その分ホコリ取り性能が落ちることになります。また、ヨリによって糸の強度、吸収性を高めていますので、その効果も低下することになります。一本のモップ糸は複数の繊維の束をねじり合わせることによって(これを撚る(よる)という)、作られています。撚るときに、接着剤をいれることで、ヨリ戻りを抑えます。この接着力が弱いと、簡単にヨリ戻りが起こります。当社のモップ糸は、洗濯したときのヨリ戻りをいかに抑えるかをテーマに、長年研究を重ねてきました。それが結実したのがフィクシーです。フィクシーは、紡績段階で、繊維の中に熱(蒸気)で溶ける特殊ガラスフィラメントを加えており、この繊維を熱処理することにより、繊維同士が強力に接着します。熱を加えている分(熱処理加工を施している分)、接着強度は上がり、ヨリ戻しを抑えることができます。

ご注意

・用途以外には使用しないでください。
・食器類及び食品がじかに触れるところには使用しないでください。
・特異体質の方は保護手袋などを使用してください。
・白木や桐の家具などには使用しないでください。
・モップに付着しているホコリはあらかじめよく振り落とし、他の洗濯物とは一緒に洗わないでください。
・モップを床などの上に長時間放置すると、シミになる場合があるので注意してください。