アズマ工業 120年の歴史を持つお掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

ート

合計数量:0

商品金額:0

カートの中を見る

グイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

お掃除方法を選ぶ

掃除のコツ

掲載記事 35

    一覧はこちら

    所別お掃除

    掲載記事 57

      一覧はこちら

      掃除道具の使い方

      掲載記事 18

        一覧はこちら

        まもるくん窓わくフック AZ955W

        室内で物干し簡単ハンガーフック

        まもるくん窓わくフック AZ955W

        通常価格
        1,550 円 (税込)
        販売価格
        1,395 円 (税込)
        会員価格
        1,395 円 (税込)
        ポイント: 139 Pt
        商品コード
        766706000
        JAN
        4970190910495
        窓のちょっとしたスペースを使ってセットできる室内用物干しハンガーです。吊すことができる重さが約5kgとボリューム満点。また、釘、ネジなどを使わずに簡単に取り外しができます。
        数量
        正味量・内容量
        素材・成分
        素材:本体/ABS樹脂取付け部/スチール補助シール/ポリエチレンフォーム(1枚)
        液性
        使用料の目安量
        製品サイズ
        単体サイズ
        約31×5×13cm
        パッケージ込サイズ
        約16×35×6cm
        モップ糸重量
        その他詳細
        製品重量
        単体重量
        約120g
        パッケージ込重量
        約180g
        原産国
        日本
        E表示
        原料/-包材/E使用/-廃棄/-

        ※E表示とは環境に配慮したアズマ工業の自主表示です。
        環境上悪影響のないと判断できるものにE、特定し改善したものにEを表示します。

        客様の声

        この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

        • 投稿者: なしえ 2014/04/17

          おすすめ度:★★★★★

          三人子どもがいて洗濯物が多くなってきたので、物干しを増やしたいと思い購入しました。ポールで窓枠に設置するものもありますが、こちらだとすぐに片付けることができるので、とてもありがたく、助かっています。

        • すべて開く

        これは便利!商品の特長

        まもるくん窓わくフック AZ955W

        取り付けが簡単

        差し込み用金具を窓枠に差し込み、フック部を手前に倒して鍵をかけて固定すればOK。釘やネジを使いません。

        まもるくん窓わくフック AZ955W

        角ハンガーが吊るせる

        使用時の奥行が約23cmありますので、市販の角ハンガーを掛けることができます。

        まもるくん窓わくフック AZ955W

        約5kgまで干せる

        窓わくハンガーの耐荷重は約5kg。「てこの原理」を利用しているので、荷重がかかると固定されるしくみになっています。

        つかい方

        1. 取り付け位置を決め、窓わくハンガーの金具を窓枠と窓枠の間のすき間に差し込みます。
        2. フック部を倒し、鍵をかけます。固定できた事を確認してから、洗濯物を掛けます。
        3. 厚さ約3〜6cmの窓枠に取り付け可能です。装飾が施されている窓枠など、固定されにくいものには添付の補助シールを金具のすぐ下に貼ってご使用ください。通常は補助シールを貼らなくてもご使用になれます。

        開発にあたって

        従来の室内干しハンガーフックは、ネジや釘を使わずに簡易的に取り付けられることに重点をおいて設計されておりました。しかし、そうすることで犠牲になりがちだったのが耐荷重です。簡易的な取り付けのためしっかりとフックが固定ができず、せいぜい2〜3kgの洗濯物しか吊るすことができませんでした。なんとか、取り付けが簡単でありながら、しっかりした耐荷重の室内干しハンガーフックができないか、という切なる思いから、この商品の開発がはじまったのでした。