アズマ工業 120年の歴史を持つ
お掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

名匠158コンビブルームL

砂ボコリも残さず掃ける 細くしなやかな穂の
ほうきとチリトリのセット

名匠158コンビブルームL

通常価格
1,660 円 (税込)
販売価格
1,660 円 (税込)
会員価格
1,577 円 (税込)
ポイント: 15 Pt
商品コード
241190000
JAN
4970190262945
  • NEW!
収納に便利なほうきとチリトリのセット。細かいゴミが多い玄関やベランダに最適です。チリトリ付きなので手軽な室内のお掃除にも便利。しなやかな掃き心地で、細かい砂ボコリなどをしっかり掃くことができます。
数量
配送サイズ
160cm以下
正味量・内容量
素材・成分
穂 : ヒタムファイバー
柄 : 木に樹脂チューブ
チリトリ : ポリプロピレン
液性
使用料の目安量
製品サイズ
単体サイズ
約24×80×5cm
パッケージ込サイズ
約27×81×5cm
モップ糸重量
その他詳細
製品重量
単体重量
約290g
パッケージ込重量
約290g
原産国
インドネシア
E表示
原材料/- 包材/- 使用/- 廃棄/-

※E表示とは環境に配慮したアズマ工業の自主表示です。
環境上悪影響のないと判断できるものに E 、特定し改善したものに E を表示します。

客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

これは便利!商品の特長

名匠158コンビブルームL

玄関やベランダのお掃除に

砂ボコリ、髪の毛など細かいゴミを掃き出すのにオススメ。繊維が細くしなやかな天然繊維、黒シダを使用しています。穂は水に強く、水まわりを掃いても穂が反りにくい特長があります。

名匠158コンビブルームL

チリトリをセットすれば収納に便利

ほうきとチリトリをセットしても厚みは約5cm。すき間に立てかけて収納することもできます。

名匠158コンビブルームL

ホコリをすばやく落とす

チリトリのギザギザ加工を使用すれば、ほうきについたホコリをすばやく落とすことができます。

つかい方

・使用後は、穂が変形・破損しないようにチリトリにセットして保管してください。
・最初若干の遊び毛が落ちることがありますが、品質に異常はありません。

ほうきを長持ちさせるために

1. 柄の先にあるヒモや穴を上手に利用 !
ほうきの穂はデリケートにできています。穂を下にして置くと、ほうき全体の重さが穂に負荷としてかかり、穂が曲ってしまいます。穂にクセが付き、曲ってしまうとそのほうきではキレイに掃くことができません。フック穴やヒモを使って吊るして保管することが長持ちさせるポイントです。

2. 穂を充分乾かすことも大事 !
水まわりの掃き掃除をしたあとに穂が濡れたまま収納してしまうと穂にクセがついたり、カビが生えてしまうこともあります。風通しのよい場所で吊るして、穂を充分に乾燥させてから保管しましょう。保管の際は直射日光に当たらない場所で保管してください。

開発にあたって

コンビブルームはもともと人気のある定番商品ですが、お客様からのご要望にお応えし、より使いやすい仕様に改良しました。柄の持ち手にはグリップをつけ、手が疲れにくくなりました。また、屈まずラクな姿勢で掃けるよう、柄を長めにしました。

ご注意

・用途以外には使用しないでください。
・高温で変形するため火気に近づけないでください。
・廃棄する際は各自治体の定める方法に従って処理してください。

よくある質問

Q : 水洗いしても大丈夫ですか ?

A : 大丈夫です。水に強い天然素材を使用しています。ただし水洗いした後は、風通しのよい場所で吊し、充分に乾燥させてから保管してください。カバー(プラスチック、金属部分)に水が入り込むと、サビや腐食・カビなど劣化の原因となりますのでご注意ください。



Q : お手入れ方法、保管方法を教えてください。

A : 長くお使いいただくために、直射日光に当たらない場所で保管してください。水まわりを使用した後は、風通しのよい場所で吊して、穂を充分に乾燥させてから保管してください。穂が濡れたまま収納すると穂にクセがついたり、カビが生えてしまうことがあります。



Q : 室内掃きに使用しても大丈夫ですか ?

A : 砂ボコリや髪の毛など、細かいゴミを掃くのに適しているので室内でも使用できますが、水に強い天然素材なので屋外の方がより能力を発揮します。



Q : 耐熱温度はどのくらいですか ?

A : お湯や火器の近くなどで使用することは想定しておらず、耐熱温度の設定はありません。天然繊維のため、熱を加えると痛み・破損の原因となります。熱は加えないでください。