アズマ工業 120年の歴史を持つ
お掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

OXSP340BKクリップハンドルモップSP

フローリングなどの水拭きに
OX254 クリップハンドルモップのスペア

OXSP340BKクリップハンドルモップSP

通常価格
1,190 円 (税込)
販売価格
1,190 円 (税込)
会員価格
1,131 円 (税込)
ポイント: 11 Pt
商品コード
607260300
JAN
4970190580834
  • NEW!
スペアのみ・本体は別売りです。OX254 クリップハンドルモップ 」のスペア商品です。スペア番号は34番。黒い色が印象的な「 ONYX(オニキス)シリーズ 」。フローリング、タイル、クッションフロアなどの床面に。店舗など業務用にオススメです。
数量
配送サイズ
160cm以下
正味量・内容量
素材・成分
ヘッド部/ポリプロピレン
モップ糸/ポリエステル・綿・その他
液性
使用料の目安量
耐熱温度
製品サイズ
単体サイズ
約23×25cm
パッケージ込サイズ
約27×27×3cm
モップ糸重量
約260g
その他詳細
製品重量
単体重量
約300g
パッケージ込重量
約320g
原産国
中国
E表示
原材料/- 包材/- 使用/- 廃棄/-

※E表示とは環境に配慮したアズマ工業の自主表示です。
環境上悪影響のないと判断できるものに E 、特定し改善したものに E を表示します。

客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

これは便利!商品の特長

OXSP340BKクリップハンドルモップSP

スペア商品

OX254 クリップハンドルモップ 」のスペア。スペア番号34番。スペアのみ・本体は別売りです。色違いの「 OXSP340WHクリップハンドルモップSP 」も販売しています。スペア番号34番が取り付け可能なモップであれば「 ONYX(オニキス)シリーズ 」以外にも取り付け可能です。
(画像は「 OX254 クリップハンドルモップ 」です)

OXSP340BKクリップハンドルモップSP

フロアの拭き掃除に

水含みがよく、丈夫な糸で広い面を水拭きできます。業務用にオススメですが軽量なのでご家庭でも活躍します。

つかい方

モップの取り替え方法



1. レバーを握ってクリップを開き、ヘッドのミゾに位置を合わせます。
2. クリップがしっかりとミゾにはまるようにはさみ込みます。

※スペア番号をお確かめの上、お買い求めください。
※同じスペア番号であれば、色・材質に関係なく取り付けられます。

お手入れ方法

本品の糸は必ず手でもみ洗いしてください。
モップ糸の汚れがひどくなったら、中性洗剤で洗ってください。
※モップ糸はよく乾燥させてから保管してください。

ご注意

・用途以外には使用しないでください。
・大きなゴミや砂などは、清掃面に傷がつく恐れがあるので取り除いてからご使用ください。
・コンクリートや壁面など、表面がザラザラしている場所への使用は、糸のほつれなどの原因となるのでお避けください。
・洗濯する際は、手でもみ洗いしてください。
・高温で変形するため、火気に近づけないでください。
・劣化・変色するため、直射日光の当たらない場所に保管してください。
・廃棄する際は各自治体の定める方法に従って処理してください。

よくある質問

Q : 使用できない素材や場所はありますか ?

A : 特にありませんが、傷がつきやすい場所に使用の際は、あらかじめ目立たない場所で確認の上、使用してください。また、水を浸みこむ素材の場合、モップについた水分を素材が吸い込む恐れがありますので、充分に気をつけて使用してください。



Q : 交換時期の目安を教えてください。

A : 本体については金属金具部分の劣化(錆など)が見られた場合は交換してください。モップ糸(別売)については、使用によりモップ糸の汚れや糸の抜け落ちが多くなります。使用方法に基づき洗濯をおこなっても、モップ本体または清掃面の汚れが落ちにくくなりましたら交換してください。



Q : 洗剤を併用して床拭きをしても大丈夫ですか ?

A : 大丈夫です。ただし、洗剤残りが生じないよう、充分に水拭きしてください。



Q : 保管方法を教えてください。

A : モップ糸をキレイにした後、充分に乾燥させ保管してください。また、劣化・変色するため、直射日光の当たらない場所に保管してください。



Q : 糸が汚れたので洗いたいのですが ?

A : モップ糸には縒り(より)を掛けてあります(糸縒り : 繊維を丈夫にする、水含みを良くする、汚れを擦り取ることを目的としています)。手で揉み洗いした方が糸縒りが戻りにくくて良いのですが、洗濯機で洗う場合はネットに入れて「弱流」で洗ってください。ネットを使わずに脱水機に掛けて絞ると糸同士が絡み合いますので、ご注意ください。洗剤は衣料用の洗剤を使用してください。