アズマ工業 120年の歴史を持つ
お掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

グングン吸水激絞りミニスペア1P SQA11

手を汚さずに水拭き & 水切り !
グングン吸水激絞りワイパー・ミニ AZ262のスペア

グングン吸水激絞りミニスペア1P SQA11

通常価格
450 円 (税込)
販売価格
450 円 (税込)
会員価格
428 円 (税込)
ポイント: 4 Pt
商品コード
513106000
JAN
4970190348724
スペアのみ・本体は別売りです。たくさんの水滴を一気に吸水する「グングン吸水激絞りワイパー・ミニ AZ262」のスペア商品。各種フロア・窓ガラス・浴室などの吸水・結露取り・水拭きに。
数量
配送サイズ
160cm以下
正味量・内容量
素材・成分
素材:PVA
液性
使用料の目安量
製品サイズ
単体サイズ
約19×4cm
パッケージ込サイズ
約6×29×4cm
モップ糸重量
その他詳細
サイズ:拭き幅約20cm
製品重量
単体重量
約50g
パッケージ込重量
約50g
原産国
中国
E表示
原料/-包材/-使用/-廃棄/-

※E表示とは環境に配慮したアズマ工業の自主表示です。
環境上悪影響のないと判断できるものにE、特定し改善したものにEを表示します。

客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

これは便利!商品の特長

グングン吸水激絞りミニスペア1P SQA11

スペア商品

グングン吸水激絞りワイパー・ミニ AZ262」用取り替えスポンジ。スペアのみ・本体は別売りです。

グングン吸水激絞りミニスペア1P SQA11

高吸水スポンジが水分をしっかり吸収

吸水性・柔軟性に優れた高吸水スポンジ(PVA)なので、使用面にしっかりフィットし、水や結露をすばやくグングン吸収します。

グングン吸水激絞りミニスペア1P SQA11

軽くて扱いやすいミニサイズ

ミニサイズなので、丸型バケツにもラクラク入り、スポンジのすすぎや絞りも簡単にできます。

つかい方

※乾燥して硬くなった状態では使用できません。スポンジは乾燥すると硬くなる性質です。水を含むとまたやわらかくなります。

・商品のお届け時、スポンジはビニール袋に覆われています。このビニール袋をキレイに外すには、スポンジを一度取り外す必要があります(ビニール袋を破りお使いいただいても結構です)。スポンジの外し方は以下を参考にしてください。
※スポンジが硬くなっている場合は破損を避けるため、ビニール袋を破りスポンジを水に浸し、完全に芯まで軟らかくなってから外してください。


・使用する前には必ず、硬くなったスポンジを水に浸して染み込ませます。
・スポンジが充分やわらかくなり、指で押しても硬い部分が無いことをご確認の上、ご使用ください(ぬるま湯に浸してかるく揉むとより早くやわらかくなります) 。
※破損の原因となるため、スポンジが硬くなった状態ではレバー操作をしないでください。
※スポンジが色落ちする場合があるので、水に浸す際は他の物を入れないでください。






絞り方
・押しボタンを押しながらグリップを引きます。



取り外し方
※必ずスポンジがやわらかい状態で着脱してください。
1. スポンジ面を上にし、スポンジとヘッドの間に指を入れます。スポンジの中央を真上にまっすぐ引き上げると、スポンジが外れます。
2. スポンジの片側が外れます。
3. 矢印の方向にスポンジを持ち上げると反対側も外れます。



取り付け方
・ヘッドの取り付け面を上にし、スポンジのツメを片方ずつヘッドのミゾに合わせ「カチッ」という音がするまで差し込んでください。
※しっかりと固定されていることをご確認の上、ワイパーをご使用ください。

保管方法

・保管する際は、必ずレバーを柄に固定させてください。
・使用後のスポンジはしっかりと水切りし、充分に乾燥させてください。
・スポンジの洗浄には、中性洗剤をご使用ください。
※柄からレバーが外れた状態で乾燥させると、破損の原因となります。
※スポンジが濡れたままの状態や湿気が多い場所で保管すると、カビが発生する恐れがあります。

ご注意

・用途以外には使用しないでください。
・操作の際は、手をはさまないように充分ご注意ください。
・硬いゴミが付着したまま使用すると、清掃面が傷つくことがあるため、硬いゴミは取り除いてからご使用ください。
・スポンジを床面に長時間放置しないでください。
・高温により変形するため、火気に近づけないでください。
・表面のザラザラしている場所への使用は、破れの原因となるのでお避けください。
・廃棄する際は各自治体の定める方法に従って処理してください。
※ワックスの塗布には不向きです。