アズマ工業 120年の歴史を持つ
お掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

チリトーレ ホーキ レッド(ほうきのみ)

チリトーレのスペア商品

チリトーレ ホーキ レッド(ほうきのみ)

通常価格
1,110 円 (税込)
販売価格
1,110 円 (税込)
会員価格
1,055 円 (税込)
ポイント: 10 Pt
商品コード
245203200
JAN
4970190220709
チリトーレレッドのスペアほうきです。ほうきのみ・チリトリは付属していません。ご家庭ではもちろん、業務用としても幅広く愛されています。
※チリトリはついておりません。
数量
配送サイズ
160cm以下
正味量・内容量
素材・成分
素材 : 穂/ヒタムファイバー
柄/樹脂被覆鋼管
液性
使用料の目安量
製品サイズ
単体サイズ
約23×81×2cm
パッケージ込サイズ
約26×82×2cm
モップ糸重量
その他詳細
サイズ : 掃き幅約26cm
全長約81cm
製品重量
単体重量
約240g
パッケージ込重量
約250g
原産国
日本
E表示
原料/-包材/E使用/-廃棄/-

※E表示とは環境に配慮したアズマ工業の自主表示です。
環境上悪影響のないと判断できるものにE、特定し改善したものにEを表示します。

客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 投稿者: こも 2014/03/20

    おすすめ度:★★★★★

    2セット使っているのでグレーと一緒に購入。
    可愛い赤なのでちょっと嬉しくなります。

  • すべて開く

これは便利!商品の特長

チリトーレ ホーキ レッド(ほうきのみ)

掃きながらゴミを収納

チリトリとほうきを常に持ちながらお掃除できるので、ゴミをためずにその都度チリトリに掃き込むことができます。

チリトーレ ホーキ レッド(ほうきのみ)

砂ボコリが掃ける

しなやかな掃き心地なので細かい砂ボコリなどもしっかりと掃くことができます。水にも強く丈夫な穂です。

チリトーレ ホーキ レッド(ほうきのみ)

収納便利 【その1】

チリトリのグリップにほうきを固定させセット収納できます。ほうきが吊るされた状態になるので穂の変形を防げます。

チリトーレ ホーキ レッド(ほうきのみ)

収納便利 【その2】

チリトリの底辺が直角なので部屋のスミなどにピッタリとフィット。スマートに収納することができます。

つかい方

あまり力を入れずに床面に対して滑らすような感じで使っていただくとキレイに掃き込むことができます。
使用後はグリップにほうきをセットして収納してください。
※使用後は、穂が変形・破損しないようにチリトリにセットして保管してください。
※最初若干の遊び毛が落ちることがありますが、品質に異常はありません。

開発にあたって

おかげさまで発売以来、ベストセラー商品となり、ご家庭で、業務用として幅広く皆様にご愛用されてるチリトーレ。チリトリとほうきをセットで収納できるだけでなく、セットで使える、という点から開発した点が良かったのでは・・・と思います。出張などで見知らぬ街に行き、そこの飲食店などの片隅にチリトーレが置いてあると、まるで我が子のように愛らしく思えてしまうのですが、それって親ばかなのでしょうか。

ご注意

・用途以外には使用しないでください。
・高温で変形するため火気に近づけないでください。
・廃棄する際は各自治体の定める方法に従って処理してください。

よくある質問

Q : 水洗いしても大丈夫ですか ?

A : 長くお使いいただくために、直射日光に当たらない場所で保管してください。水まわりを使用した後は、風通しのよい場所で吊るして、穂を充分に乾燥させてから保管してください。穂が濡れたまま収納すると穂にクセがついたり、カビが生えてしまうことがあります。



Q : お手入れ方法、保管方法を教えてください。

A : 長くお使いいただくために、直射日光に当たらない場所で保管してください。水まわりを使用した後は、風通しのよい場所で吊るして、穂を充分に乾燥させてから保管してください。穂が濡れたまま収納すると穂にクセがついたり、カビが生えてしまうことがあります。



Q : 室内掃きに使用しても大丈夫ですか ?

A : 砂ボコリや髪の毛など、細かいゴミを掃くのに適しているので室内でもお使いいただくことは可能ですが、水に強い天然素材なので屋外でより能力を発揮します。



Q : 耐熱温度はどのくらいですか ?

A : お湯や火器の近くなどで使用することは想定しておらず、耐熱温度の設定はありません。天然繊維のため、熱を加えると痛み・破損の原因となります。熱は加えないでください。