アズマ工業 120年の歴史を持つお掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

LOGIN ログイン

CART カート

合計数量: 0

商品金額: 0

    場所別おそうじ

    畳のお掃除

    1

    普段は掃除機掛けやほうき掛けだけで済ませることが多いかと思います。

    でも、例えば掃除機掛けの場合、なんとなく上滑りしているような感じがして本当にお掃除できるいるの?と思うこともしばしば。

    そこで今回はちょっと丁寧な畳のお掃除方法をご紹介します。

    2

    1.畳全体を座敷ほうきで掃く

    畳の目に沿ってやさしく掃きます。目に入り込んだホコリを丁寧に除去する感覚で掃いてくださいね。


    ・オススメ商品 匠106 吾妻箒 長柄

    3

    厳選した良質の穂を使用した座敷箒(ほうき)です。しなやかな掃き心地でやさしくなでるように掃くことができます。


    4

    2.畳と畳の間を掃く

    畳と畳の間にはホコリやゴミがたまりがちです。畳を外さない場合には、すき間に入るブラシでやさしくブラッシングします。


    ・オススメ商品 ニューサッシブラシAG701

    5

    毛先が長く、やわらかすぎず、硬すぎない適度なブラシです。持ちやすいグリップも特長の一つです。


    6

    3.全体を拭き掃除する

    畳に目に沿って、全体を拭き掃除します。掃除機やほうきでは取り切れない、畳の目に入り込んだホコリを除去します。洗剤残りで畳が傷むこともあるので、洗剤をあえて使う必要はありません。汚れが取り切れない場合には、熱めのお湯で絞ったクロスで拭き取ってください。


    畳の目には、ホコリや皮脂汚れが張りつていることもあります。年に数回、目に沿って拭き掃除をするだけで、これらの汚れを取り除くことができます。拭き掃除の後、手を当ててもらえれば一目瞭然! スッキリ感にびっくりしますよ。

    iconポイント

    畳には目があり、非常に繊細です。目に逆らってお掃除すると、目が傷んだり切れたりすることもあります。ほうきを使うときは畳の目に沿って掃くようにしてくださいね。掃く時の注意点としては力を入れすぎないこと。しなやかに優しく掃くのがポイントです。