アズマ工業 120年の歴史を持つ
お掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

場所別おそうじ

浴室(天井・壁・床)のお掃除

1

浴室や洗面器などについている白いカチカチ汚れは、汚れや石けんカスに水道水のカルシウムやマグネシウムが結合してできたもので、水に溶けにくく乾いて固まってしまうとなかなか落ちません。

早めのケアが大切です。

◆天井・壁のお掃除<手順>

2

1.ブラシなどに浴室用洗剤をつけ、天井をこする。

お湯を全面に掛け、ブラシでこすります。浴室用洗剤は液垂れしにくい泡状タイプがオススメ。


・オススメ商品 CH860 アズマジック 浴室洗剤

3

プロ仕様の強力な洗剤。泡状タイプで液垂れしにくいタイプ。カビなどもスッキリ落とします。


4

2.シャワーで洗い流す。

洗剤残りがないようにシャワーで洗い流します。


5

3.ブラシにタオルなどを巻きつけてから拭きする。

水切りをしっかりしておくと、汚れの再付着を防止できます。また、カビ予防にも効果的です。

◆床のお掃除<手順>

6

1.床全体に浴室用洗剤を吹き付け、床をこする。

お湯を全面に掛けた後、浴室用洗剤を吹き付け、ブラシでこすります。凸凹床(からり床など)の場合、ブラシがミゾの奥に入りにくいので、凸凹床専用のブラシでこすります。


・オススメ商品 BT751 お風呂床用ブラシスポG

7

凸凹床専用のブラシ。不規則にブラシを配列しているので、凸凹床のミゾの奥まで入り込み、汚れをこそぎ落とします。


6

2.洗い流す。

洗剤残りがないようにシャワーで洗い流します。


3.から拭きする。

こちらも水切りをしっかりと行います。

浴室の汚れは他の場所と違って、石けんカスと皮脂汚れ、それに水道水が一緒になったものがほとんど。浴室を利用した後は浴室全体にお湯を掛けて(できればそのあとに水を掛け、室温を下げて)水を切り、しっかりと乾かすことである程度の汚れを抑えることができます。換気扇は必ず回してくださいね。