アズマ工業 120年の歴史を持つお掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

LOGIN ログイン

CART カート

合計数量: 0

商品金額: 0

    場所別おそうじ

    掃除機が入らない!家具と壁の隙間のお掃除

    1

    家具と壁のすき間ってホコリがいっぱいたまっているんですよね。

    ホコリがたまっているのが見えるのに、掃除機が入らない。家具を動かすの面倒・・・。

    そんなときの便利なお掃除方法をご紹介します。

    棒状のものにシートを巻き付ける

    使わなくなった菜箸やお手持ちの定規などにフローリングシートやダスターを巻き付けてお掃除します。この時、すき間の奥深くでシートが外れないよう、クリップなどでしっかり留めておくことがポイントです。


    ・オススメ商品 TKすきまソージー

    3

    タンスの奥まで届くように全長約69cm、厚さはわずか約1cm。シートは極細繊維なので汚れをこそぎ落とします。繰り返し使えるタイプです。


    ・オススメ商品 BA717 シートでスキマキーレー

    4

    全長約67cm、厚さ約1cm。硬すぎずやわらかすぎない適度なしなりで、奥まで入り込みます。市販のフローリングシートを取り付けることができます。

    そのまま放っておくとダニの住処となってしまいます。また、湿気を帯びてこびりつくことがあるので、特に水回りのすき間は注意が必要です。気になった時に、サッとお掃除することをオススメします。

    iconなぜ、すき間にホコリがたまりやすいの?

    一つに空気の流れが関係あります。人の移動により、空気は絶えず動いていますが、その流れに乗って、すき間にホコリが入り込むことがあります。

    しかし、一旦入り込んでしまうと、すき間にはホコリを動かすような強い空気の流れはないので、ホコリがじわじわと蓄積してしまいます。

    特に最近の住宅は気密性が高いので、一旦すき間にホコリが入るとなかなか動きません。