アズマ工業 120年の歴史を持つ
お掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」にて

2018年12月13日

静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」内、県内の企業、経済、文化の秘密にスポットを当てる『水曜パネルタイム』のコーナーにて、弊社と弊社商品をご紹介いただきました。

当日の生放送には、ホームクリーニングサービスを担っているベリークリーン事業部の山田課長も出演させていただきました。

アズマ工業は創業からは120年以上が経ち、現在2000点を超えるアイテムを販売しています。現在は一般に浸透しよく使用されているメラミンスポンジ。先駆けとなる「おそうじ消しゴム」は20年以上前から販売を開始しました。

当時なかなか受け入れられなかったこの商品は、水をつけてこするだけで汚れを落とす性質と白くて四角い見た目から、文具メーカーに消しゴムのパッケージデザインのご協力をいただき、市場に出回るようになりました。

1896年にござ・ほうき・たわしなど荒物雑貨の卸売業としてスタートした山下商店(アズマ工業の前身)は、1954年に有限会社山林商会を設立し、大きな分岐点を迎えます。

それまで手作業で製造されていた座敷ほうきを大量生産できる実用新案を取得。これを「吾妻箒(あづまほうき)」と名付けました。開発において社員の妻(吾が妻)の協力が大きく、女性の意見が商品に反映されたことが名前の由来となりました。

地元でのほうき草の安定供給を得て、工場見学への招待や販売店などへの実演販売といった販促活動も大きく貢献し、当時の座敷ほうきの全国シェアは50%まで拡大しました。

その後、1966年にアズマ工業株式会社を設立し、現在の事業へとつながっています。

今では毎年100点以上の新商品を発売。お客様の困りごとを解決する商品を提案しています。例えば、「TK伸ばせる ! シートですきまキーレーLL」はすき間掃除がしにくいというお客様の声から開発されました。


最後に、今年の大掃除対策としてご紹介したオススメアイテムBEST3はこちら。

第3位は「窓・網戸楽絞りワイパー24F AZ580」。<

窓も網戸もこれ1本でキレイにできる柄付きのガラスワイパーです。手を濡らすことなく水が絞れる構造になっていることがやはり大きなポイントです。

マイクロファイバーとブラシ繊維が汚れを残さずかき取り、さらに水切りゴムで水分を残さず仕上げられるので、大掃除で忙しくても素早くキレイにお掃除できます。

第2位は「BT751 お風呂床用ブラシスポG」 。

長さ約5mmのツンツンブラシが浴室の床の凹凸のミゾに入り込んでヌメリや汚れをしっかりかき出すグリップ式のブラシです。軽い力で広い面もラクラクお掃除できます。

床のピンク汚れを一気に落とせるので時短になり、大掃除にも普段使いにもオススメです。スッキリとキレイなお風呂にして年末年始を過ごせますよ。

第1位はホームクリーニングのプロが使用する洗剤を家庭用に改良した
「アズマジック洗剤」各種。


CH862 アズマジック 油汚れ洗剤



CH860 アズマジック 浴室洗剤



CH857 アズマジック トイレ洗剤



CH856 アズマジック ガラス洗剤



CH855 アズマジック マルチ洗剤



特に大掃除で需要が高まるのは「CH862 アズマジック 油汚れ洗剤」。

五徳やシロッコファンに蓄積された頑固な汚れは50~60℃のお湯でふやかしましょう。お湯に「CH862 アズマジック 油汚れ洗剤」を溶かせばつけ置きにも使用できます。お湯に浸ける前にマイナスドライバーなどで少し汚れを削ると、お湯や洗剤の浸透の効率が上がるのでなお効果的です。

溜まった汚れを前にすると敬遠してしまいたくなる大掃除ですが、お掃除はエンターテインメント。家族団欒の機会としてみんなで達成感を味わったり、普段頑張ってくれている家族にプレゼントとしてお掃除してあげるのもいいですね。

静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」はコチラ