アズマ工業 120年の歴史を持つお掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

ート

合計数量: 0

商品金額: 0

カートの中を見る

グイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

お掃除方法を選ぶ

掃除のコツ

掲載記事 35

一覧はこちら

所別お掃除

掲載記事 57

一覧はこちら

掃除道具の使い方

掲載記事 18

一覧はこちら

おそうじのコツ

場所別!ほうきの選び方

1

節電が注目されている今、電気を使用しない昔ながらの「ほうき」のお掃除が注目を浴びています。

お客様からほうきの質問をよく受けますが、中でも多いのは「ほうきってどれも一緒じゃないの?」という質問。答えは「NO」!

実は、ほうきってどれも一緒じゃないんです。お掃除する場所によって適したほうきがあり、それを使い分けることでお掃除の「時間短縮」にもつながるんですよ。


和室・カーペット・じゅうたんには・・・?

コシがあってしっかり掃ける「ほうき草」を使用したほうきがオススメ!

掃くときには穂の先を押し付けずにやさしく掃くことがポイントです。穂先が細く、しかもしなやかなので畳の目やカーペットの奥に入り込んだホコリをかき出します。掃除機を使わない昔なつかしのほうき、是非試してみてください。

・オススメ商品 座敷ほうき

2

ほうき草を使用したほうきです。カバータイプと昔ながらの手編みタイプがあります。

フローリングには・・・?

やわらかい「シュロほうき」がオススメ!

シュロの木の皮を使ったほうきです。学校で見た覚えはありませんか? これも昔ながらのほうきです。シュロほうき、実はとっても有能! 使用しているうちにフローリングにツヤが出るんです。自然のワックスですね。

・オススメ商品 棕櫚(シュロ)ほうき

3

棕櫚の繊維を使用したほうきです。細かく繊維を取り出し作り上げた鬼毛タイプと取り出す前の皮タイプがあります。

玄関・ベランダには・・・?

一本一本の繊維が細かい「黒シダほうき」がオススメ!

このほうきの素材「黒シダ」はとても繊維が細かく、やわらかいのが特徴。玄関やベランダに多い砂ボコリなどの小さなゴミを逃さず掃き集めることができます。

・オススメ商品 黒シダほうき

4

アレンという木に自生する繊維を取り出したほうきです。水に強く、反り返ることがありません。

玄関前には・・・?

コシが強い「赤シダほうき」がオススメ!

玄関前に落ちた小石などちょっと大き目のゴミをラクに掃き出します。その名の通り、穂が赤っぽいのが特徴。黒シダほうきは細かいゴミを取ることが得意ですが、コンクリートに落ちた小石や落ち葉を掃き取るのは少し苦手。穂がやわらかいから、重たいものが掃きにくくなってしまいます。

赤シダはシダ科の植物ですが、1つ注意点が! それは、水に濡れると穂が広がりやすいということ。なるべく水まわりで使わないようにしてくださいね。

・オススメ商品 赤シダほうき

5

パルミラという木の葉柄から繊維を取り出したほうきです。繊維がやや太いので、コシが強いのが特徴です。それに価格は手頃な事が多いですよ。


赤シダほうきはなんだか保管が面倒くさそう・・・と思ったあなたには「化繊ほうき」がオススメ!

赤シダほうきと同じく穂のコシが強く、玄関前に落ちた少し大きなゴミやコンクリートの溝に入り込んだ石やゴミをかき出すのが得意です。その名の通り人工で作り出した樹脂の穂を使用しているので水に濡れても平気です。

・オススメ商品 化繊ほうき

6

プラスティックの素材で繊維を作ったほうきです。水に強く、コシがとっても強いのが特徴です。

庭や駐車場、コンクリート面を掃くには・・・?

竹ほうきや「ヤシの葉脈」を使用したほうきがオススメ!

竹ほうきは知っていても、ヤシの葉脈を使用したほうきはあまり見覚えがないかもしれませんね。芝生や砂利の上をざっくり掃くには、赤シダほうきよりもコシの強いヤシの葉脈を使用したほうきの方がラクにできますし、セメントの凸凹に入り込んだ石やゴミもかき取ってくれます。一度使うとやめられないと評判のほうきです。

・オススメ商品 葉脈のほうき

7

ヤシの葉脈から繊維を取り出したほうきです。掃き出す力が強く、芝生の上を掃くのに便利です。

う~ん、ほうきってイロイロありますね。奥が深い・・・例えば玄関を掃きたい時に、オススメの「黒シダほうき」ではなく、コシの強い「竹ほうき」を使ってしまうと細かなゴミを取り逃してしまい、イライラがつのることにも。場所にあったほうきを使うことがお掃除の時間短縮のコツでもあります。ほうきを買うときは、今回の特徴を参考にしてみてくださいね。