アズマ工業 120年の歴史を持つ
お掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

おそうじのコツ

カビの胞子を育てないためのお掃除大作戦!

1

梅雨入りするとジメジメした日が続き、カビがあっちこっちで生え、まったく困ったものです。

カビは見た目に気持ち悪いうえに、カビの胞子によるアレルギーを引き起こすことも・・・、厄介な存在ですね。

なんとか、カビの被害を抑えられる秘策はないのでしょうか?

カビが成長する原因とは!?

まずは、敵(カビ)の正体を知りましょう。残念というよりも、ショッキングなことに、カビのタネ(以下、胞子と呼びます)は私たちの身の回り(宙)を舞っています。それもたくさん。

え~っ、だったらカビだらけになってしまうの?・・と思われたかもしれませんが、それはご安心ください。カビの胞子は舞い落ちた場所で、ある4つの条件が揃わないと育つことができないからです。その4つの条件とは・・・


2

1.空気…カビとはいえ生物です。空気がないと育つことができません。


3

2.水分…湿度が高い、水滴が残っているなど。


4

3.温度…人間が快適と思う温度を好みます。


5

4.栄養…ホコリやダニの死骸、水アカなどを栄養とします。

ということはカビの被害を最小限に食い止めるためには、この4つの条件のどれかを阻止すればよい、ということになりますね。

カビが好む環境をなくすことができるのか?

6

1.空気をなくす…これでは人間も生きていくことができません。

2.水分をなくす…日本は湿度が高い風土です。一年を通じて湿度を低く設定することはできません。しかし、部屋の換気を良くするなど工夫の余地は十分にありそうです。

3.適温にしない…すべての人間が毎日苦行を続ければできるかも? ・・・やはりちょっと難しいですね。
         
4.栄養を与えない…エサとなるホコリやダニの死骸、水アカを除去できれば(つまり、お掃除すれば)、カビに栄養を与えることを阻止できます。

どうやら、私たちの手で一番手っ取り早くできるカビ対策はお掃除ということになりそうです。

カビの胞子を育てないためのお掃除大作戦

7

しかし、敵はなかなか厄介な存在です。カビの胞子は人間とちがって食べ物に好き嫌いがまったくありません。なんでもどんどん栄養にします。食品などの食べカスは当然ですが、ホコリ、髪の毛、ダニの死骸、石けんカス、からだのアカ、脂肪分なども吸収してしまいます。

そんな食欲旺盛なカビの胞子を育てないための秘策は・・・毎日お掃除することです。思わずガクッとされた方もいらっしゃるかもしれませんが、こまめにお掃除することでカビの栄養分を取り除くしかありません。


8

気づいたときにちょちょっとお掃除すれば、汚れも簡単に落ちるので、結果としてはラクに済ませることができます。

というわけで、雑巾などで壁や床などを小まめに拭き取るようにしましょう。拭き取り掃除を行うことで、カビの栄養になるものをなくすだけではなく、カビの胞子自体も拭き取ることができ、まさに一石二鳥です。

カビ対策はこちらでも紹介しています。是非ご覧ください。

・浴室のお掃除第1弾「こうして浴室が汚れていく・・・」>>>

9