アズマ工業 120年の歴史を持つ
お掃除用品メーカー・アズマ工業株式会社の公式ホームページ。
生活快適を実現するためにお掃除用品・生活雑貨の企画製造、ホームクリーニングサービス、そしておそうじ塾でプロ人材を育成しています。

バイオパワー液状

排水口に投入するだけ
天然成分で排水パイプの汚れ
ニオイを元から除去

バイオパワー液状

通常価格
1,110 円 (税込)
販売価格
1,110 円 (税込)
会員価格
1,055 円 (税込)
ポイント: 10 Pt
商品コード
705350000
JAN
4970190630300
  • ロングセラー
  • おすすめ
流し台・洗面所・お風呂などの排水パイプの汚れと悪臭の除去に。詰まりや悪臭の原因である排水パイプ内に付着した汚れを、バイオテクノロジーの研究により開発された自然のバイオ(微生物)の力で分解・消臭する、環境にやさしい製品です。
数量
配送サイズ
160cm以下
内容量
5包入
成分
微生物酸素
サイズ
約7×12×6cm
総重量
約280g
正味量
1包あたり50ml
原産国
日本
E表示
原料/-包材/E使用/E廃棄/-

※E表示とは環境に配慮したアズマ工業の自主表示です。
環境上悪影響のないと判断できるものにE、特定し改善したものにEを表示します。

客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 投稿者: Shinobu 2014/04/04

    おすすめ度:★★★★★

    市販の強い洗剤を使うと、その強い臭いに具合が悪くなり
    また、パイプが痛むのではないかと不安に思っていました。
    バイオパワーは、強い洗剤のような即効性はありませんが、
    使い続けると臭いがなくなり、
    何より安心して使えるのでとても助かっています。

  • すべて開く

これは便利!商品の特長

バイオパワー液状

悪臭と汚れを解消

油分解酵素を強化し、排水パイプの汚れを分解。悪臭を元から断ち切ります。

バイオパワー液状

消臭効果が継続する

バイオ(微生物)は水に流されることなく排水管にとどまり、約7~10日間程度活動し続けます。継続使用により約2週~1ヶ月間で汚れと一緒に嫌な臭いもなくなります。

バイオパワー液状

環境にやさしい

自然界に存在しているバイオ(微生物)を使用しています。水質汚染の心配はありません。また、強いアルカリ性の洗剤と違い、排水パイプを傷める心配もありません。

バイオパワー液状

使い方が簡単

1週間に1回、本品1包を排水パイプに流し込むだけ。バイオ(微生物)が定着するように、流し込んだあとは約30分放置してください。

つかい方

初めて使用するとき
1. 初回使用時のみ、1回2包(50ml×2)を排水パイプの壁面にたれるようにゆっくりと流し込みます。
2. 次回からは、1週間ごとに1回1包(50ml)を排水パイプにゆっくりと流し込んでください。

継続使用しているとき
・毎週1回1包(50ml)を排水パイプにゆっくりと流し込んでください。
※流し込んだあと、約30分以上放置してから排水してください。(流し込んだ直後に熱湯を流さないでください。)
※微生物がパイプの汚れに付着し、汚れの成分(油類・でんぷん・タンパク質など)を分解します。
※台所仕事や入浴などの終了後、排水パイプに流すとより効果的です。

開発にあたって

「暮らしは快適になってほしい、でも、いつまでもきれいな自然でありたい」という考えのもと、バイオテクノロジーをいち早く取り入れ、自然を壊すことのない商品づくりをアズマ工業は進めてまいりました。自然界に存在するバイオを用途に応じて、みなさまにご利用いただけるよう商品開発に取り組みました。本品が開発されたのは1985年。確実に効き自然にやさしい。これがロングセラーの理由です。

ご注意

・用途以外には使用しないでください。
・幼児の手が届く所に置かないでください。
・食用不可。食べられません。
・荒れ性の方や特異体質の方は保護手袋などを着用してください。
・微生物の分解能力が落ちるため、アルカリ性や酸性の強い薬剤と併用しないでください。
・固形物(毛髪・木・金属など)は分解しないので取り除いてから使用してください。
・完全に詰まっているパイプには、排水パイプ用ブラシなどで詰まりを取り除いてから使用してください。
・直射日光を避け、冷暗で(約1℃〜45℃)高温多湿にならない場所に保管してください。
・約50℃以上の場所に置きますと変形する恐れがあります。
・廃棄する際は各自治体の定める方法に従って処理してください。

応急措置

・万一、飲み込んでしまった場合は直ちに吐かせ、医師の診察を受けてください。
・誤って目に入った場合や皮膚についた場合は水で充分に洗い流し、異常のある場合は医師の診察を受けてください。
・異常のある時は、医師に相談してください。